プロ野球出発点に立つ

市内を活動拠点とする中学生野球クラブチーム・厚木ボーイズ(中野克彦代表)出身の中野邦彦さん(23)がこのほど、プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)から指名を受け、厚木ボーイズから初のプロ野球選手が誕生した。

内野手として2位で指名を受けた中野さん。所属が決まったチームは、今年度からリーグに参入する新規球団で、中野さんは勝負強い打撃が戦力として期待されているという。シーズンは3月下旬開幕予定で約80試合が行われる。

中野さんは、同クラブの3期生で、中野代表の長男でもある。中学卒業後は、県内有数の名門校、東海大相模高校に進学。その後、国際武道大学、社会人野球チームの千曲川硬式野球クラブを経て、現在に至る。

中野さんは「やっとプロで勝負できる、という思いです。年齢的にチャンスは長くない。今シーズンは、首位打者、打点王を目標に、将来セパ12球団の舞台に立てるよう結果を残したい」と熱い眼差しで語った。

神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙
タウンニュースより引用

https://www.townnews.co.jp/0404/2015/01/09/266955.html