残り少ない大会を控え、「時間制限待ったなし。八卦よい!」。どのチームもこんな感じの心境と思料します。我々厚木ボーイズも、日頃から持ち続けたモチベーションと継続してきた努力を発揮する機会と捉え、大会に臨んで欲しいと思います。悔いのないように!。一方、時間は少なからずあるわけで、残された時間を、有効かつ効果的に使って欲しいものです。そのためには、強み弱みを改めて各自が書き出してみて、今のチームに自分が何を出来るのか、役割を認識して、自己研鑽いて欲しいです。色々なしがらみは考えずに、厚木ボーイズの全国大会初出場をなんとしても達成しましょう。

組合せは下記から確認してください。

http://boys-kanagawa.cocolog-nifty.com/blog/files/2012_SENSHUKEN_KANAGAWA.pdf